新着情報一覧

  1. ホーム
  2. >
  3. Topics > お知らせ > メンタルヘルス研修~職場のメンタルヘルス~

メンタルヘルス研修~職場のメンタルヘルス~

更新日: 2018年11月21日

 

平成30年11月20日(火)

 

講師の先生をお招きし、

“職場メンタルヘルス”についての研修会を実施致しました。

 

    IMG_0228

 

 

そもそもメンタルヘルスとは…

 

・気持ちが沈んだ時は体も重い

・体調が良くないと気分も晴れない

・心身一如 心と体は繋がっている

 

つまり、こころと身体が健康であり、自分というものが上手く機能している状態のこと。

 

 

労働者特別健康状況調査によると、

現在“職場生活でストレスを感じている人は全体の60%”

 

精神障害等による労災認定件数や労働者のメンタルヘルス不調の原因となる

「職場のいじめ・嫌がらせ(ハラスメント)は年々右肩上がりで増加傾向とのこと。

 

 

メンタル不調には早期発見が第一、

また、予防のためのセルフケアも大切です。

 

①休養、睡眠 

②食事 よく噛む・食べ過ぎない

③リラクゼーション、運動 時には笑ったり泣いたり!

 

考え方、口癖、感覚を変えることもセルフケアに繋がります。

 

 

 

~パワハラと指導の違い~

 

「目的、業務上の必要性、態度、タイミング、誰の利益か、自分の感情、結果」を考えて行動。

言いたいことを我慢したり、言いたいことを言いすぎて他人を傷つけていないか。

 

自分も相手も大切にする表現を“アサーション”といいます。

 

 

【簡便な自己表現法】

 

・状況を伝える

・相談する

・別案を提案

 

自分も相手もOKな状態になるように考えましょう。

 

 

 

~職場における円滑なコミュニケーションを実践~

 

・メンタルヘルスの核「じっくり話を聴く」

・聴かないきき方と受容的聴き方

・肯定的関心、観察、簡単受容⇒アクティブリスニング

 

①語尾を繰り返す

②事柄への応答

③感情への応答

④要約

 

 

以上を踏まえて、“円滑なコミュニケーション”をいざ実践!

 

 

S__30982152

聴き方ひとつで話し手の“意欲”がまるで違います。

 

 

S__30982151 

時には身振り手振りも使って伝えてみたり。

 

 

 

コミュニケーションは

話し手の “相手に自分の想いを伝えようとする気持ち” と同じくらい、

聞き手の “相手が伝えたい気持ちに真摯に向き合うこと” が大事なんだと気づかされました。

 

 

S__30982150

 

改まって自分の話をするのはちょっぴり恥ずかしいですね。

 

 

 

S__30982148

 

 

話の内容云々も大切ですが、

何より大切なのは、“伝える姿勢”と“聴く姿勢”。

 

雑な伝え方や受け取り方をせず、

相手の立ち場になって考えることができる、

そんな会社の一員でありたいと思います。

 

 

 

【研修の振り返り】

良い習慣は良い人生を作る

ストレスは人生のスパイス

ストレス一日決算主義

自分のコミュニケーションにあり方を知る

自分の物の見方、考え方を知る

困ったときは一人で抱え込まない(周りに相談)

 

 

 

講師の先生、この度は弊社にて、

メンタルヘルス研修を実施頂きましてありがとうございます。